決断し、プライドを捨てたら、好きなことで 生活できるようになった話

コンサルタント、元塾講師 好きなこと、やりたい時にやることを実現中! そのライフスタイルを叶える方法をメール講座から伝え、コンサル生にも指導している。 好きなこと スポーツ/自然/旅行/グルメ/漫画 メインでテニスをやっている。野球とバスケも経験者

あなたの望みは叶います。プロパカンダ 「返報性の法則」

 
f:id:concen11:20170520184656j:image

 

どうも、

好きなときに、

やりたいことをやっている、

津布久 宏(つぶく ひろし)です。

 

 

 ご覧頂き、ありがとうございます。

 

 

今日も、PC1台で、

好きなことをやりながら、

生活できる力をつけていきましょう。

 

 

 

今回は、

プロパカンダの返報性について、

お伝えします。

 

 

返報性とは、

受けた恩を、

返したいと考える心理を言います。

 

 

返報性を得ることが、

ビジネスでは重要です。

 

また、

返報性を使えば、

あなたの望みが叶えやすくなります。

 

 
恩を受けたら、それを返すのが当たり前

 

人間は、

何かしてもらったら、

お返しをします。

 

 

これは、広くどの民族でも共通しています。

 

 

日本においても、

何かお祝いなどをして頂いたら、

お祝い返しの文化が根付いています。

 

 

プレゼントをもらったら、

返したくなる気持ちになりますよね。

 

 


返報性で、ビジネスが廻り出す。

 

あなたが、

ビジネスを始めるのであれば、

顧客の返報性を得る戦略を、考えましょう。

 

 

あなたの、商品なら買いたい

顧客がそう思ってくれたら、

ビジネスが上手く行かないわけがないからです。

 

 


ギブ!!ギブ!!ギブ!!

 

とにかく、

お客さんの喜ぶことを考えましょう。

 

 

与えて、与えて、与えるのです。

 

 

そうすれば、

返報性の法則が働きます。

 

 

スーパーに行けば、試食コーナーがあって、

商品を試すことが出来ます。

 

また、

無料お試しサンプルを配るような、

化粧品会社なんかもありますよね。

 

 

 

このように、

まずはあなたがアクションをして、

与えて、与えて、与えて行きます。

 

 


常識を超える、期待を超えるのがポイント

 

 

この、ギブですが、

顧客の常識を超えないと行けません。

 

 

一般的で、常識的なことをしても、

返報性は、働きません。

 

 

顧客が、やってもらって当然という、

内容のものを与えても感動しないからです。

 

 

ですから、

誰かがやっている、

同じことをやるのではなく、

 

あなたオリジナルの

ギブを行うと効果抜群です。

 

 

 

返報性により、ビジネスが回り出すと、

売り込みをしなくて良いので、

精神的にも、満足出来るビジネスを構築出来ます。

 

 

常識を超えるような、

期待を超えるような

ギブを考えて行きましょう。

 

 

今回も、

最後までご覧頂き、

ありがとうございます。

 

時間がある方は、

関連記事も読んでみてください。

 

この記事を書いている人

スポーツ、自然、食べるのが大好きで、

PC1台で仕事をしている、
津布久(つぶく)です。 

「やりたいことを、好きなときにやり、生活する」ことを実現し、人生を楽しんでいます。

 どうやって、好きなことで生活しているのか?

好きなことをやって、
生活する方法を、

無料のメルマガでお伝えします。

期間限定で、
登録者に3万円相当の〇〇〇を、

無料で、プレゼントします。

 

登録は下記から、簡単にできます。

 

 好きなことで生活しませんか? 無料メルマガ 読者登録

 

普通の会社員から、独立して、
今の生活をどう実現しているのか。

自分の好きなことで、
仕事をしたい人にとって、
ためになる情報を詰め込んでいます。

やりたいことができていない人は、読んで損はしません。

あなたへのオススメ記事です

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com

blog.wantsubu-goldmedalist.jp

blog.wantsubu-goldmedalist.jp

blog.wantsubu-goldmedalist.jp