決断し、プライドを捨てたら、好きなことで 生活できるようになった話

コンサルタント、元塾講師 好きなこと、やりたい時にやることを実現中! そのライフスタイルを叶える方法をメール講座から伝え、コンサル生にも指導している。 好きなこと スポーツ/自然/旅行/グルメ/漫画 メインでテニスをやっている。野球とバスケも経験者

終わりよければ、すべて良し。重要な〆の部分「追伸」の書き方 コピーライティングの基礎


f:id:concen11:20170523180011j:image

 

どうも、好きなときに、やりたいことをやっている、

津布久 宏(つぶく ひろし)です。

 

ご覧頂き、ありがとうございます。

 

今日も、PC1台で、好きなことをやりながら、生活できる力をつけていきましょう。

 

 

 

今回は、文章で、重要な〆の部分「追伸」の書き方についてです。

 

追伸を使うことで、あなたの文章は読まれやすくなり、反応率は上がります。

 

コピーライティングの基礎なので、この記事を参考にしてください。

 

 

詳しくは、動画をご覧ください。

拡大して、視聴することもできます。

 

www.youtube.com

 

終わりよければ、すべて良し。

 

このような、ことわざがありますが、文章にも当てはまります。

 

この終わりの部分が、「追伸」です。

最後にどのように締めれば、読者の心に残るのか、

読者からレスポンスを貰えるのか。

 

追伸を、上手に活用することで、

レスポンス(返信、購入など)を貰うことが、できます。

 

 

 

一呼吸、おいて、振り返ってみよう。

 

追伸とは、本文と切り離されて、

最後に「ちょこっと」書いてあります。

 

本文と切り離されていることで、

追伸は、本文とは別の、違った角度から、読むことができます。

本文は、長文になることも多く、ダラダラ読まれがちです。

 

なので、

内容が頭に入りにくく、伝わりきらないことが多いのです。

 

そのため、追伸で、本文のまとめを書いたり、

結論を要約することで、最終的に伝えたいことを、

繰り返し、お伝えすることが、可能となります。

 

繰り返すことや、まとめることで

伝えたかった部分が、読者に伝わり、

読み手の、理解度をアップさせる効果があります。

 

 

 

肝心なのは、具体的に行動を促すこと。

 

追伸には、具体的な行動を促す、という役割もあります。

 

販売や、返信、アンケートなどの、

レスポンスを得たい時は、行動を促すのは必須です。

 

追伸は、文章の最後にあることから、

行動を促すのに、ピッタリの場所に位置します。

 

最終的な、もう一押しや、

感情に訴えかけるような、文章を書くことで、

行動を促すようにしてください。

 

本文を、変えずとも、追伸の使い方をマスターするだけで、

驚くほど、読まれるメルマガになり、成約率が上がります。

 

今回の内容を理解して、追伸を攻略してみてください。

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

時間がある方は、関連記事も読んでみてください。

 

 

この記事を書いている人

スポーツ、自然、食べるのが大好きで、

PC1台で仕事をしている、
津布久(つぶく)です。 

「やりたいことを、好きなときにやり、生活する」ことを実現し、人生を楽しんでいます。

 どうやって、好きなことで生活しているのか?

好きなことをやって、
生活する方法を、

無料のメルマガでお伝えします。

 

期間限定で、
登録者に3万円相当の

「好きなことで生活するための方法」のテキストを、

無料で、プレゼントします。

 

登録は下記から、簡単にできます。

 

 

好きなことで、生活しない? 無料メルマガ 読者登録

 


普通の会社員から、独立して、
今の生活をどう実現しているのか。

 

自分の好きなことで、
仕事をしたい人にとって、
ためになる情報を詰め込んでいます。

 

やりたいことができていない人は、読んで損はしません。

あなたへのオススメ記事です

 

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com

wantsubu.hatenablog.com